木製取り付け家具を自作する日々…帰省作業総括

木製取付家具自作する日々が終わりました、その総括をしていきたいと思います。

目次

・かくして自分の事は後回しにされた

・必要に迫られて…が幸いした

・余り空間と余り家具は徹底して使いつくす

・今後この家具は埋まるのか?

・電動工具のラスボス登場

・ここでもキャスター…意外な発見!

・今回の反省点と新たな発見点

かくして自分の事は後回しにされた


帰省しておこないたいDIY作業は山のようにありますが、優先順位の高い順から‥‥

「室内の取り付け家具」「家の周りの囲い」「外置き物置」「自分のスペースの整え」‥‥自分の事は後回しになってしまいますね、普段は居ないので仕方ありませんが。

収納物の置き場が無いと、家の中が片付かないので、どうしても取り付け家具が最優先になってしまうわけです。本当はスッキリ見せたいリビングでしたが、収納スペース不足しているので、やむを得ずリビングの目立つところに。ちょっと圧迫感を感じてしまうけど収納庫を作ることにしました。

出来るだけ壁と違和感が湧かないよう、壁と同じ材料を使ってみました。またスッキリと見える様、取っ手などの突起物を排しました。如何なものでしょうか?

必要に迫られて…が幸いした


同じく室内の雰囲気を壊さないよう気を付けたのが、こちらの「台所収納棚」普通なら簡単に合板を使ってしまうところですが、それでは杉製の化粧材で囲まれた室内の雰囲気を壊してしまう…しかもそんなに費用をかけるわけにはいかない、という事で必要に迫られ、新宅建築後余った木材を使用したわけです。

しかし基本的に長尺の角材ばかりで、面積のある板材は皆無…そこで20×20mmの角材を格子状の板に加工してみたのです。この20×20mmの角材、この新築物件には廻り縁などに利用されています、大量に余っていてよかった…これをおしゃれな感じに加工出来たのはラッキーでした。

余り空間・余り家具は徹底して使いつくす


とにかく無駄なスペースを放置しておく余裕は無いので、寝室の衣装家具の上の空間にも棚を作ってやりました。これは既製品で以前使っていたものの、使用する予定が無く、バラして終っておいた木製棚の柱を一部流用しています。

色が褪せて褐色に変色してしまいましたが、家具の色合いには合っていると思います。褐色具合もそれほど濃くなく、アクセントとしていい感じになっていると思いますが‥‥

この既製品の板材は、短くて使えなかったので、新宅建築残り廃材を加工しています。平板を三枚連ね、先ほどの格子棚で活躍した20×20mmの角材で繋いでいるのです。

これは既製品の棚板の作りを模してみました、中心に繋ぎ材として20×20mm角材が見えてしまっていますが、目立たないところだしまあいいかな。

今後この家具は埋まるのか?


この棚板で使った、幅140mm厚さ20mmの長尺板には大変助けられました。この幅140mmというのはDVDケースの横幅とほぼ同じなのです。そこでモニター(ウチではアンテナ・配信等の受信を設置していないのでテレビとは呼ばない)スペースの横にDVDラックを作ってやりましたよ。

私的な美的感覚として、周囲の設置物などの高さと揃える、というのあるのですが、このDVDラックは横にある掃き出し窓の高さに合わせました。そのためさすがに収納スペースが広すぎ、ウチが所有しているDVD・BDではスカスカ気味。

今ではアマプラやNetflex等の映像配信も充実しているので、今後このラックが埋まり切るかは疑問ですね…

電動工具のラスボス登場


さらにこの幅140mm厚さ20mmの板はこのようにも活躍してくれました。以前作った二階段差本棚の横に、洗濯ばさみ入れなどをおける棚を作って欲しい、と家人に要望されていたので、この板を使って作りました。

140mmの板二枚を繋いで240mmで側板として使おうかととも思いましたが、それではあまりに奥行きがありすぎるので、幅140mmと幅80mmの板を繋いで220mmの板に加工しました。

ただ、これら幅140mmと幅80mmの板は微妙に厚さが違うので、幅を合わせるために、木製ボンドで繋がった後、電動カンナで表面を削り表面の段差をなくしてやりました。これを使い小物置き棚を組み立てています。

結構な厚みの差がある木材の組み合わせが…
一枚板の様に仕上がりました

この電動カンナ、作動音の大きさではラスボス級です。今までほとんど使っていませんでしたが、今回やむを得ず使うことにしました。

棚板はネジで留めていますが、折角段差をなくし、継ぎ目を目立たなくさせたくらいだから、いずれ竹ひごを釘代わりにして置き換え、さらに目立たない美しい加工をしてやりたいと思っています。

ここでもキャスター…意外な発見!


さらに、この棚に合わせて本棚の裏には、物置スペースとして整えてみました。まずこの棚とツライチになるようロールカーテンを取り付けます‥‥

簡単に取り付けます、と書きましたが、取り付ける面が屋根の勾配で斜めのため、ロールスクリーンを取り付ける枠材も斜めに削ります。微調整が結構大変でしたね。

このロールカーテンで隠しておきたいもの‥‥ここに収納しておきたいものは布団なんですが、ここにスムーズに収納するため、キャスターを付けた「すのこ」を作ってやりました。最近キャスターに頼る事多い‥‥出し入れが楽なんです。

収納スペースにピッタリ収まります

夏場つかわない冬用の布団類って、恰好重くて終うのが大変なんですが、スムーズに動いてくれる。これキャスターの車輪の口径が大きいからなんです。キャスターの使い勝手が分かってきましたかね?

「半無軌道走収納棚」で使ったキャスターや以前作った「作業椅子」のキャスターも大口径車輪に置き換えてやろうかと思っています。

蛇足ですが最近自動車って、車輪が小さくなっているじゃないですか?この「大口径車輪キャスターの方が快適理論」でいうと、乗り心地が悪くなってるんじゃないかと思うのですが‥‥

今回の反省点と新たな発見点


今回の反省点としては、期間内に作成予定していたものを、無事作り上げる事こそ出来たのですが、微調整が出来る時間まではありませんでした。

「半軌道走収納棚」はキャスターの取り換えとは別に、扉に歪みが生じてしまって、軌道に戻る際上手く入らなくなっているなど、作った家具にどこかしら修正しなくてはいけない点が‥‥しかし修正する時間までは取れなかったのです。次回帰省した折には、これらの修正から始めなくてはいけません。

また新たなる発見点も…丸ノコ・サンダポリッシャー・電動カンナと電動工具を使ったのですが、とにかくラク!

今まではご近所さんの事を考え、なるべく大きな音はだしたくなかったのです。我が家の事情をご存知のご近所さんに甘えて、限られた時間で効率よく作業するという名目で、電動工具を多用しました。

普段からの良好な関係の賜物ですね、有難いことです…

リビングの木製収納棚をおしゃれに手作りしてみた

中古物件の査定・業者のチェックが怖くなってきた

関連記事

  1. ハモニカーボ4mm厚で部屋を仕切ってみた②

    ハモニカーボ4mm厚で部屋を仕切ってみました…3mm厚の方がよかったかな?目次・…

  2. 我が家の「剪定」はノコが必須

    我が家の剪定はノコが必須なのです…その訳とは?目次・嘲笑覚悟!自分で庭木…

  3. ブロック塀の上に板塀を作る④

    ついに完成しました!ブロック塀の上の板塀。目次・今だけ…全容が分かる家・…

  4. 台所コンロ…あこがれの3口を手に入れた!

    台所コンロには凝った甲斐あり、あこがれの3口の物が手に入りました。普通の火口、長時間煮込みのとろ火…

  5. 外付け物置を木製で作る②

    外付け物置は木製であるがゆえに融通が利くこともあります。目次・帰省中は家事に追わ…

  6. 木製テラスの階段(ステップ台?)を作ってみた

    木製テラスに階段(ステップ台?)を作ってみました、正規の階段はすでにあるのですが……

  7. ログハウスで作り付け家具を作るということ

    ログハウスで作り付け家具を作るというのはDIYを趣味とする者にとって、この上ない素敵な環境…

  8. 外付け物置を木製で作る④

    外付け物置を木製で作る…いよいよサスペンションの全貌が明らかになります、あまり期待しないでください…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

中古民家住宅・新築住宅・中古物件の売却等一戸建て住宅の色々なシーンに携わってきた知識をアウトプットします、いわば「素人目線で一戸建て住宅を語るプロ?」

耐震補強工事においても詳しいです

PAGE TOP